ペルーニュース☆ペルー初のLCC、早速トラブルです

こちらのニュースは、2017年6月に発表されたものです。

ニュースの記事はこちら



今年から運航を開始したペルー初のLCC、 ”Viva Air Perú”で早速トラブルが続出しているようですポーン

ちなみに、LCCは、ローコストキャリア(Low-cost carrier) の略ですよね。

ペルー(たぶんスペイン語圏全体かな?)では、"bajo costo"と呼ばれています。

リマ発タラポト経由ピウラ行の便を、正当な理由なく直前でキャンセルしたとして、乗客から苦情が出ています。


ピウラ便がキャンセルになった、Roger Chiroqueさんは、

「”Viva Air Perú”は一体何がしたいのかわからない!遅延、質の低いサービス、さらに航空機の不備があるなんて、どういうことなんだ」

とコメントしました。

さらに、タラポトに行く予定だったJosé Eduardo Maguiñaさんは、

「本当に信じられない。警察を呼ぶ事態に発展し、クレームノートはほぼいっぱいになっていた。私たちをホテルへ案内するといったが、代わりの便のスケジュールなどに関しての説明は一切なかった」

航空会社に説明を求めると、今回のキャンセルは、内部のオペレーションに関するシステムの不具合だったとのこと、さらに詳細な情報が必要であれば、空港の事務所まで来てくれれば説明すると、コメントした。

ペルー航空会社協会(ACEP)は、紛らわしい広告を改善するべきだと非難しました。

ペルーでスペイン語

みなさん、こんにちは!えみこです。 ペルーに3年間滞在し、ゼロからスペイン語をビジネスレベルまで修得しました。 スペイン語レッスンや、ペルーをはじめとする中南米諸国についてご紹介したいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000